自動検温によるスタッフの健康管理と安全を強化するソリューション

AI技術とエッジコンピューティング技術により実現した自動温度検知ソリューションです。働くスタッフの感染リスクを低減し、より安全な環境を構築します。

顔認識/温度計測モジュールの前に立つことでAIが対象者を認識し、検温と顔認証を瞬時におこないます。(マスク装着時でも可)

検温データは、顔情報と紐づけてクラウドに管理データとして保存されます。 異常体温設定をすることで、設定温度を超えた結果が記録された場合、アラートで管理者に通知されます。これにより、スタッフの体調管理と異常体温者の入室を制限することが可能となります。 また、スタッフの顔写真を登録することで、スタッフと訪問者を区別し、立ち入り禁止区域への入出があった際に通知することもできます。

しくみ
AIエッジコンピューティングによる検温と顔認証

「赤外線温度センサー」と「顔検出AI」の組み合わせにより、検温と顔認証を同時におこなっています。

検温方法 温度センサーが検温対象者を距離から測定し、物体の表面から放出される赤外線の放射エネルギーの強さを測定して温度を測定します。

AIエッジコンピューティング エッジコンピューティングデバイスは自動的に人のみを認識し、検温アルゴリズムによって、距離を確認、体温を計測するとともに、対象者の顔を認識します。

IoT温度センサー
非接触温度センサー
  • 有効距離: 30cm〜75cm
    (1.5mの高さに設置)
  • レスポンスタイム: 0.3秒(自動的に記録)
  • 停止することなく、継続して感知
  •         
簡単設置
簡単設置
  • 最少機器で構成
  • 専門知識がなくてもすぐに設定可能
  • 超小型のクラウド・ベース・エッジ・デバイス使用
  •         
AIアシスト
AIアシスト
  • AIが検温対象者とセンサーの距離を読み取り、微調整することで、正しい検温を実現
  • 顔認識AIが検査エリアを確認し、誤認識を防止
  • 人を介さず検温を実施
  •         
高セキュリティ
クラウド
  • 検温結果と顔データはローカルには残さず、データは全て暗号化されクラウドに保存
  • 画像、検温データは別々に保存され、完全データにアクセスするためにはそれぞれの認証が必要となります
  •         
さまざまなシーンでご活用いただけます
空港
空港
オフィス
オフィス
ホテルー
ホテル
図書館
図書館
飲食店
飲食店
教育施設
教育施設
商業施設
商業施設
イベント
イベント会場

PAGE TOP