無線LANの概算見積のための秘密兵器
誰でも無料で利用できるExtremeCloud™ IQ プランニングツールのご紹介

 2022年10月6日

topイメージ

確度の高そうな案件に限って、このようなことはよくありませんか?
定時後の午後5時半。そろそろ帰ろうかなと思っていた時、営業担当から無線LAN案件の概算見積依頼のメールが……。明日までに回答が欲しいとのとのこと。
このような時、まず確認しなければいけないのが適正なAPの台数です。APの数が少なすぎるとフロア全体をカバーできない、逆に多すぎても干渉してしまう。論理的な根拠も求められるため、エンジニアにとって無線LANのプランニングは責任の重い仕事です。しかし、今回ケースのように回答期限は明日。現地調査する暇もない。このような時、皆さまはどうされていますか?

このエンジニアあるあるに共感した方、無線LANのプランニングツールをお探しの方へ「だれでも、無料で、すぐできる」プランニングツールをご紹介します。

1. 「だれでも、無料で、すぐできる」
  ExtremeCloud™ IQプランニングツール

無線LANのプランニングとは、対象のフロアに対し、予算の面ではなるべく少ないAPの台数で、利用者にとっては快適な無線LANの状態になるよう設計することです。
しかし無線LANのプランニングに関して、皆様は以下のようなイメージを持たれているのではないでしょうか?

  • 専用のソフトウェアのインストールが必要
  • ソフトウェアの費用が高い
  • 使い方が難しく、使いこなせるまで時間がかかる
  • よって、特定の人しかできない作業となりがち

これからご紹介するExtremeCloud™ IQのプランニングツールでは、こうなります。

  • WEBブラウザでネットに接続できれば使えます
  • なんと……無料です
  • 初めてでも直感的にすぐに使いこなせます
  • よって、誰でも、無料で、すぐできます!

「だれでも、無料で、すぐできる」のがExtremeCloud™ IQのプランニングツールなのです!!

2. ExtremeCloud™ IQプランニングツールとは

ExtremeCloud™ IQプランニングツールとは、Extreme社のクラウドサービスの一つの機能です。
まさかと思われるかもしれませんが、ExtremeCloud™ IQのアカウントは誰でも申請や許可なく作成できます。そのためプランニングツールも思い立ったら初めてでもすぐに使えますので、このブログをお読みになりながらアカウントを作って試していただけます。 ここからは、実際に私がExtremeCloud™ IQのアカウント作成から実際のプランニング作成までご案内したいと思いますので、一緒にやってみましょう。

※ プランニング作業にはあらかじめ縮尺の分かる図面データ( jpg/png )をご用意ください。
本日の案内人

4月からマーケティング部に異動した元営業担当者。
ITやネットワークについて猛勉強中。

3. ExtremeCloud™ IQのアカウントの作成

既にアカウントをお持ちの方、プランニング作業から進めたい方は、4. プランニング作業 まで飛ばしてください。

ExtremeCloud™ IQのユーザ登録

まず初めに、ExtremeCloud™ IQのユーザ登録をします。Extreme NetworksのHPにアクセスして登録画面を開きましょう。

ユーザー登録画面

入力項目

① FIRST NAME 名前(例:Taro)
② LAST NAME 苗字(例:Yamada)
③ EMAIL ADDRESS メールアドレス
④ COMPANY 会社名
(例:Sanko IB Co., Ltd.)
⑤ JOB TITLE 役職(例:Engineer)
⑥ PHONE 電話番号
(例:+81-3-5730-2530)
⑦ COUNTRY 国名

必要事項を入力します。
日本語も入力できますが、各項目は必ず英数半角文字で入力してください。

⑧ SELECT THE DATA RETENTION FOR YOUR EXTREMECLOUD IQ ACCOUNTは、90 DAYSにチェックを入れてください。
※UNLIMITED を選択した場合、アメリカにあるクラウドサーバが選択されてしまうため、AP導入における通信要件やFW許可設定などそれに準じた対応が必要となります
アカウントの有効期限

入力が終わったら、⑨利用規約内容を確認後、チェックボックスにチェックをし、⑩REGISTERボタンを押して確認メールが届くのを待ちます。

パスワードの設定

メールが届いたら、Setup Passwordを押してパスワードを設定します。
確認メールがなかなか届かない!という方は、ドメインの受信設定を確認いただくか、メールアドレスを間違えて登録してしまった可能性がありますので、再度登録し直してみてください。
メール受信画面

パスワード設定画面に飛びますので、パスワードを設定したら保存して次へを押します。

パスワード設定画面

ライセンスの選択

ライセンス選択画面に移りますので、①“I'll start with ExtremeCloud IQ Connect.”を選択し、②Get Started!を押します。

Connect選択画面

利用許諾&データ保護に関する確認

利用許諾内容を確認して、① I agreeにチェックを入れ、②SUBMITボタンを押すと、データ保護に関する同意画面が表示されますので、先ほどと同様に③ I agreeにチェックを入れ、④SUBMITボタンを押しましょう。
これでユーザ登録は完了です。

利用許諾内容の確認 データ保護に関する同意の確認

4. プランニング作業

※ はじめてExtremeCloud™ IQを利用する場合の流れのため、既にアカウントをお持ちの方の画面表示と一部異なる場合があります

ロケーションを追加する

はじめにAPを使用する場所を設定します。
左端の縦のツールバーから、①「管理」 → ②新しいマップを作成をクリックしてください。

新しいネットワークプランを作成する

マップの情報を入力してください。※英数半角文字での入力になります。

ロケーションを追加する

次に、下記の画面になりましたら、×をクリックしてください。

ロケーションを追加する2

ロケーションのをクリックしてください。

ロケーションを追加する3

Floor 1が出てくるので、編集ボタンを押し、マップのインポートに入っていきます。

編集ボタンを押す

フロアを追加してマップをインポートする

フロアの名前を任意のものに修正し、②AP設置高を設定します。(AP設置高は必ず入力してください)先に長さの単位を「meters」に修正してから設置高を入力します。ここでは、天井裏への設置を想定しているため、3mに設定しました。③マップの大きさは後で修正可能ですので、ここでは仮に20×20と設定しています。
※一般的に天井高は3mであることが多いため、天井や天井裏にAPを設置する場合は3mに設定してください

場所の設定

次に、フロアプランの背景画像から「新規アップロード」を選択し、対象のフロアマップをアップロードしてください。

マップの新規アップロード

新規アップロードで対象のフロアマップを選択し、②アップロードしてください。フロアマップのデータは、PNGJPEGが対応になります。PDFでデータをお持ちの際は、これらに変換してください。

マップの新規アップロード

全てを保存を選択してください。

マップの新規アップロード

最後に、右下の保存をクリックしてください。

マップの新規アップロード

マップがインポートされました。次に、マップの縮尺を正しく修正します。

マップの新規アップロード

右上の①歯車マークをクリックし、②「Rescale Plan」をクリックしてください。
マニュアル縮尺にチェックを入れると、画面の左上に図面の縮尺を取り込める④赤い+マークがマップ上に現れます。

マップの縮尺を合わせる マップの縮尺を合わせる

縮尺を設定するのに図面が見えにくかったのでで見やすいように拡大しました。
この図面では例として、図面上の部屋のサイズ(分かりやすいように黄色にしています)3100mmの箇所に+マークを置き、マニュアル縮尺をクリックし、3.1mと入力しています。(縮尺は、縦横どちらでも構いません)

マップの縮尺を合わせる

これで、図面が実際の縮尺になりました。

マップの縮尺を合わせる

境界を描く

ここからは、実際のプランニング作業に入っていきます。まずはフロアプランを編集します。
部屋の大枠を描きますので、図面は全体が見えるように大きさを調整しました。
「フロアプランを編集」から②境界を描くをクリックしてください。

境界線を描く

境界のスタート地点にカーソルを置き、左クリック。マウスを動かし境界を描きます。線の描画を終了する場合はダブルクリックします。

境界線を描く

境界線を消したい場合は、境界線上にカーソルを合わせると境界線が太く表示されますので、その状態で右クリックします。すると削除ボタンが出てきますので、削除ボタンを押して削除します。境界線上にカーソルを置いても太線にならない、削除ボタンが出てこないという場合は、マップを拡大するとうまくできますので、試してみてください。

境界線を消す

壁を描く

次に壁を描きます。壁を描くをクリックすると下記のように壁の材質が選べるようになります。使用したい壁を選択し、横にある描画ツールをクリックします。
1本線の場合は「 / 」(Single Line)を、多角形を描く場合は、「 N 」(Open Shape)、部屋のように閉じる図形を描く場合は、「 △ 」(Closed Sahape)を選択してください。

シェイプの説明

ここでは、壁の材質をBrick Wall(10dB)と、Dry Wall(3dB)を選びました。

※日本のオフィスで使用されている壁の厚さは、3dB、6dB、10dBが主流となります。ガラスは3dB、壁の材質が分からない場合は、10dBを選択するようにしてください

Bookshelf(2dB) 本棚
Cubicle(1dB) パーティション、個室、ブース、ボックスなどの仕切られた小部屋
Dry Wall(3dB) 石膏ボード
Brick Wall(10dB) れんが壁
Concrete(12dB) コンクリート壁
Elevator shaft(30dB) エレベーターの昇降路
Thin Door(2dB) 薄いドア
Thick Door(6dB) 厚いドア
壁の材質を選ぶ

境界を描くと同様の操作で、壁を描いていきます。

壁を描く

同じく壁を描くからDry Wall(3dB)を選択し、壁を描いていきます。

壁の材質を選ぶ Dry Wallの壁を描く

APを配置する

次に、APを設置します。
「デバイスのプラン」をクリックし、② 自動プランから「Basic Connectivity」を選択します。そして、「自動配置」の右隣の③多くをクリックします。

APを配置する

デバイスから使用するAPを選択します。今回はAP305Cを使用します。AP選択後、⑤自動配置をクリックするとAPが現れます。

APを自動配置する APを自動配置する

ヒートマップで電波出力を確認する

電波の状態を見てみましょう。ヒートマップを見るをクリックします。
少し電波が足りないので、フロアに1台と個々の部屋にそれぞれAPを追加してみましょう。

ヒートマップを見る

デバイスのプランデバイス追加から4個のAPを追加してみましょう。デバイスは後から追加も削除もできます。

APを追加する

追加した4台が左上に表示されますので、ドラッグして各部屋に追加していきます。
すべてのAPの配置が終わったらヒートマップを見るをクリックし、電波状態を確認してみましょう。

APを追加する ヒートマップを見る
カラーバー
一般的に、快適なWi-Fi環境は-67dBm以上と言われています。
色で言うと水色になります。ここでは十分に電波が行き届いているといえます。

マップをレポートとして出力する

作成したフロアプランをレポートにしてみましょう。
グローバルビューの対象フロア、①をクリックし、ツールバーを出し、矢印の記号、② エクスポートをクリックします。

レポート出力する

フロアプランはPDFデータ、もしくはXMLファイルに変換することができます。

エクスポートする

まとめ

このように、ExtremeCloud™ IQのプランニングツールは導入前のシミュレーションに最適です。しかも無料。
まさに「だれでも、無料で、すぐできる」秘密兵器です。もちろん、導入後は実際の設置したAPに置き換え、管理することも可能です。
Slerの皆さま、急な見積対応が来てもこれですぐ対応できます。なので営業担当さまも大喜びです。

プランニングツールの使い方をまとめた資料は下記からダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。また不明点やご質問、デモのご要望などがございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

関連情報

 

お役立ち情報一覧 

 

PAGE TOP